低分子化抗体での挫折

 中外製薬は2019年5月、静岡県御殿場市に保有する富士御殿場研究所と神奈川鎌倉市に保有する鎌倉研究所を閉鎖し、神奈川県横浜市に新設する中外ライフサイエンスパーク横浜に研究機能を集約することを発表した。1987年に当時、東京・豊島にあった高田研究所の一部を移転して新設した富士御殿場研究所と、旧日本ロシュから引き継いだ鎌倉研究所は、2022年以降に竣工する新研究所に集約され、同社の国内研究拠点は、原薬の製造プロセス研究や製品設計と製法研究などを行う浮間研究所との2拠点の体制となる予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)