ADCによる成長シナリオ

 「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」。第一三共が2025年ビジョンとしてこのような姿を目指すと発表したのは、2016年3月31日に発表した第4期中期経営計画の中でだ。当時、2016年3月期の第一三共の連結売上高は前年同期比7.3%増の9864億円、営業利益は同75.2%増の1304億円と好調だったが、ブロックバスターの高血圧治療薬「オルメテック」(オルメサルタン)の特許切れを2017年に控え、そのパテントクリフを克服しつつ、持続的成長基盤を確立することが課題になっていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)