2025年に向けた企業改革

 2016年3月の終わりに発表した2016年度から始まる5年間の中期経営計画の中で、「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」という2025年のビジョンを打ち出し、研究開発本部からがん関連の研究を行う部署と開発を行う部署とを切り出して、外部から招いたフランス人医師のAntoine Yver氏に委ねたことはこれまでに述べてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)