アジャイルな外国人リーダー

 ハイブリッドビジネスモデルと決別し、新薬、それもがん領域でやっていくと旗幟(きし)を鮮明にした当時社長兼CEOの中山譲治がまず取り掛かったのは、社内の組織体制の見直しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)