バイオシミラーの挫折

 現在、第一三共の研究開発グローバルヘッドという肩書を持ち、専務執行役員を務める古賀淳一は、第一三共におけるエンハーツの研究開発のキーマンの1人だ。しかも、日本の製薬産業において極めて希有な経歴の持ち主である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)