プラスチックのバイオエコノミーを実現したEUの事例

 10月に開催されたBioJapan2017の中に設けられたバイオエコノミーに関するセッションの登壇者であるフィンランドのVTTフィンランド技術研究センター副社長のJussi Manninen氏と、フランスSPHERE社の会長兼CEOであるJohn Persenda氏から寄稿をいただいた。2回に分けて、原文と共にお届けする。(編集部)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)