グローバルバイオエコノミーサミット2018における世界の各地域の議論(1)

 第2回グローバルバイオエコノミーサミット(GBS)では、ワークショップと称して14のセッションが行われた。その中で4つのセッションで世界の各地域における議論がなされ、欧州・北米、アジア、カリブとラテンアメリカ、アフリカの4つに区切られて行われた。

世界のそれぞれの地域の議論と全体の総括が行われたので、それをここで報告する。なお、本回ではまずバイオエコノミーについてこれまで闊達に議論を進めてきた「欧州・北米」のセッションの概要をお届けする。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)