グローバルバイオエコノミーサミット2018の概要とOECDの新たな報告書

 ドイツ連邦教育研究省(BMBF)が支援する第2回グローバルバイオエコノミーサミット(GBS)は、70カ国、約800人が参加し、2018年4月19、20日にベルリンのドイツテレコムセンターで開催された。本シリーズでは数回にわたり、同サミットの報告をしたい。今回はGBSの概要を紹介するとともに、最終日に発表されたコミュニケ、初日に公表されたOECDの報告書について紹介する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)