関節リウマチの病名変更の経緯

 カルフェニールの後継品としてB細胞阻害薬の研究に着手した1986年頃、全身性エリテマトーデス(SLE)の治療にはステロイドや免疫抑制薬が使われていたが有効性や安全性に問題があり、新薬の開発が強く求められていた。しかし、長年にわたり新薬が開発されない状況が続いていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)