B細胞阻害薬の提案

 カルフェニールに製造承認が下りて販売を開始したのは1986年のことだ。革新的な作用機序を持った新薬として世の注目を集めた。順天堂大学の塩川優一先生は、「中外製薬ならではの斬新でユニークな抗リウマチ薬である」と絶賛して新薬誕生を祝っていただいた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)