カルフェニールが生んだ3つのイノベーション

 カルフェニールの育薬研究から3つの新しいイノベーション創出の方向性が生まれた。第1番目は、IgE産生を制御する抗アレルギー薬の研究である。米California大学に留学する前に、AM-682の研究を委ねた山下泰弘さんが、カルフェニールの抑制性T細胞増強作用に興味を持ったことは前回述べた通りである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)