義を持って征く

 槇尾川は和泉山系の槇尾山を水源として、東南から北西に向かって大津川に合流し大阪湾に流れ込む。河口から7kmほど遡った辺りで、それほど高くない山と山の間の谷あいを流れるこの川に沿って道路が通り、その両側に細長く家並みが続く。最寄りのJR阪和線和泉府中駅までバスで20分弱かかる田舎だったが、織物業で栄えていた。大学・大学院卒業までこの実家から通った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)