思いがけず大学教授に

 退職後、いつしか大学教授という立場に憧れを抱くようになっていた。企業内研究者として積み上げてきた長年の研究実績が学問的・学術的に評価されたと意識できると思ったからだろうか。また、知人の中に企業を定年退職後に大学教授になる者が何人か続いたことも影響したのかもしれない。私にも思いがけずそのチャンスが訪れたのである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)