餅は餅屋

 1986年10月、BSF2(IL6の旧呼称)アンタゴニストの探索を目的とした共同研究契約が締結された。大阪大学ではIL6受容体遺伝子のクローニング、中外製薬ではIL6と疾患の関連性を探る研究と明確な役割分担で共同研究が始まった。IL6のcDNAがクローニングされてからわずか数カ月という極めて急速な展開であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)