IL6を阻害する自己免疫疾患治療剤の開発を夢見て大阪大学と共同研究が始まったのは、1986年、バブル景気の真っただ中だった。我々のたゆまぬ基礎研究の継続が、両者の出会いを導いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)