医師でもある作家の久坂部羊氏の作品に、「破裂」というものがある。心不全を劇的に回復させるが、年月がたつと心臓が破裂して死亡する、という仮想の治療法をめぐる物語だ。もし、同等の効果を持つ医薬品があれば、特許は付与されるだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)