均等論と意識的除外

 特許権者はなるべく広い権利が欲しい。しかし、権利範囲が広いと、先行技術が含まれる可能性も大きくなり、権利を取得しにくくなる。そこで、広めに出願しつつ、審査段階で新規性や進歩性の問題を指摘されてから補正などで権利を限定し、権利化可能かつ最大の権利を取得するのが定石だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)