非侵害保証と特許補償(1)

 資材や製品の調達・購買を目的とした企業間の売買契約で、知財に絡んで交渉の的になることが多い規定の代表格として、非侵害保証条項と特許補償条項がある。これらの規定は、1つの条文の中にまとめて書かれることが多い上に、響きも似ており、適用局面も多分に重なるが、法的には性質の異なる規定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)