「公の秩序、善良の風俗又は公衆の衛生を害するおそれがある発明」には特許は与えられない(特許法32条)。適用例の少ない規定だが、2013年の審決(不服2010-14093)で、ヒトES細胞の作製方法に適用された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)