特許権が侵害されたかどうかは、特許請求の範囲に記載されたクレームの文言を切り分け、それぞれの要素を被告の製品や方法と対比して、全てを充足するかどうかで判断される。この考え方を「権利一体の原則」(all elements rule)という。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)