発明の本質は、自然法則を応用して課題解決の技術的手段を創作することにある。自然法則の応用である以上、偶然の成功は発明といえず、解決が得られることに一定の法則性、再現性がなければならない。特許の世界では、これを「反復可能性」と呼ぶ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)