飯島歩の特許の部屋(第36回)

技術革新と著作権法

(2019.09.12 08:00)1pt
飯島歩=弁護士法人イノベンティア代表社員

 医療の世界にも情報通信技術(ICT)が深く入り込んでいる現在、技術の保護に当たり、特許権だけでなく、著作権を意識することの重要性も増してきた。しかし、知財の仕事をしていると、そもそも、特許権と著作権はどう違うのかよく分からない、という話をよく聞く。両者は全然違うのだが、今回は、細かな法律論ではなく、両者の違いを象徴する話を紹介したい。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
飯島歩(いいじま あゆむ)
弁護士法人イノベンティア代表社員、弁護士・弁理士・ニューヨーク州弁護士
飯島歩 京都大学法学部卒業後司法修習を経て1994年より北浜法律事務所に勤務。2000年から01年にかけて米国Duke大学ロースクールに留学、法学修士(LL.M.)を取得。01年から02年まで、ワシントンD.C.のAkin Gump Strauss Hauer&Feld法律事務所勤務。02年から03年にかけて、特許庁初の法制専門官として特許法改正作業に従事。03年に北浜法律事務所に復帰し、06年同法律事務所代表社員。2016年4月弁護士法人イノベンティア創設、代表社員。知的財産法および訴訟等の紛争解決を主たる取り扱い分野としつつ、多数の企業に法律・経営にわたるアドバイスをする。
日々の仕事で接する特許。しかし、制度がどのような思想の下で生まれ、発展してきたか、また、現代社会においてどのような解釈問題に直面しているのかを考える機会は少ないのではなかろうか。特許は、長年にわたって各時代の先端技術を取り扱ってきた、とても古い制度だ。それ自体に人類の英知が蓄積されている。本連載では、バイオの技術者・研究者の方を対象に、なるべく身近な問題を題材として、特許制度の背景にある制度の思想や歴史に触れていく。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧