医療の世界にも情報通信技術(ICT)が深く入り込んでいる現在、技術の保護に当たり、特許権だけでなく、著作権を意識することの重要性も増してきた。しかし、知財の仕事をしていると、そもそも、特許権と著作権はどう違うのかよく分からない、という話をよく聞く。両者は全然違うのだが、今回は、細かな法律論ではなく、両者の違いを象徴する話を紹介したい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)