前回触れたように、特許法は、医薬品や農薬の特許を取得した後、許認可取得のために製造販売ができない期間があったときは、その期間に応じ、最大5年間の特許権の延長登録を認めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)