富山県の宇奈月温泉は、日本の法学部生なら必ず知っている地名だ。一般には黒部峡谷のトロッコ列車の拠点として知られるが、法学部生にとっては、権利濫用法理の代表判例が生まれた地である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)