特許権侵害警告と誹謗中傷(1)

 自社の特許権が競合他社に侵害されたとき、いきなり訴訟を提起することも無くはないが、多くの場合、相手先企業に対し、まず警告状を送付する。特許権侵害の警告状は、業界ではしばしば「ラブレター」と呼ばれるが、その内容は、あっさりしたものから、熱烈なものまで様々である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)