前回紹介したように、技術をめぐる競争秩序は、独占権を与える特許法と独占を規制する独占禁止法との緊張関係の中で成り立っている。この点について、近年議論の俎上に上ることが多いのは、標準と特許の問題だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)