特許法は、新規の発明をした者に技術の独占権を与える制度だ。この独占権は、無断利用する者に対する差し止めや損害賠償の請求、場合によっては刑事罰といった制裁で担保される。

 厳格な制裁がなぜ正当化されるかというと、特許権に基づく技術独占から得られる利益は、さらなる発明のインセンティブとなり、究極的には、累積したイノベーションの成果が社会に還元されて国民生活の向上につながると考えられているからだ。この意味において、特許法的世界観では、独占は正義である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)