特許ライセンス契約には、必ずGrant of License条項が置かれる。その名の通り、ライセンス付与の根拠となる規定で、どの特許に基づき、どの地域で、どの期間、どのような実施行為ができるかといったことが定められる。英文だと、第1条の定義規定に続いて第2条に書かれることが多く、実務的には、かなり形が出来上がった規定だ。今回は、このGrant of License条項に関し、これまで紹介してきたライセンスの本質にも関連するちょっとした留意点を紹介したい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)