ITはかつての夢の多くを現実のものとしてきたが、他方で、現実と夢の境界を曖昧にする力もある。拡張現実(AR)や仮想現実(VR)といった技術は、仮想世界を現実として認識させることを目的としている。

 特許の世界でも、様々な実験がコンピューターによるシミュレーションに置き換えられるようになり、特許における仮想世界と現実の境界が曖昧になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)