パンデミックと特許

 社会から見たとき、特許制度は、一時的な技術独占による弊害よりも、それによって技術が公開されることによる長期的利益の方が大きい、という仮説によって成り立つ制度だ。しかし、この仮説が本当に成り立っているのか、疑問視する声も多い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)