ライセンス契約は、多くの場合、技術の導入・導出を目的として締結される。しかし、日々の仕事で契約書をレビューしていると、ちょっとしたライセンス条項が様々な契約書に書かれていることがある。例えば、特許権を持つサプライヤーから原材料の供給を受ける場合、供給された原材料の利用について買い主にライセンスを与える規定が入ることがあるし、買い主が特許権者で、生産を第三者に委託する場合、買い主がサプライヤーに製造ライセンスを与える条項が置かれたりする。しかし、純然たる法律論を考えた場合、こういった規定を置く必要はあるのだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)