2016年3月、長年紛失していたWright兄弟の飛行機「ライトフライヤー」の特許証が発見された。

 110年前のこの特許、法的に興味深い論点が幾つかある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)