特許の新陳代謝

 前回は特許権とライセンスの性質をテーマとした。特許権は、ある技術を独占的に「使う」権利ではなく、他人に「使わせない」権利であり、ライセンスもまた、ある技術を「使えるようになる」権利ではなく、「使わせない権利である特許権を自分に対して使わせない」権利であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)