前回紹介したLexmark事件米連邦最高裁判決は、無条件の国際消尽を認めたことで注目された判決だが、他の論点として、販売後制限(post-sale restriction)と消尽の関係についても判断を示している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)