特許法は、保護対象たる発明を「物」「方法」「物を生産する方法」(製法)の3つに分け、それぞれの権利範囲を定めている。

 その区別は、クレーム、つまり特許発明の記載で決まる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)