90秒でHbA1cを測定できる装置がやってきた

 「○○さん、こんにちは。今日はHbA1cを測る予定でしたね。では早速、採血から」。こんな手順で外来にやってきた糖尿病患者の診察を始めれば、問診中にその日のHbA1c値が測定できる新しいグリコヘモグロビン分析装置が発売された。その名も「The Lab 001」(定価120万円、製造販売:アークレイ)。指先から採る1滴の血液を検体として、わずか90秒でHbA1c値が測定できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)