ファンディング機関に求められること

 10年近く前のことだが、オーストリアで取材をしたとき、異なる省のファンディングエージェンシー(資金配分機関、日本ではJSPS、JST、NEDOなど)の担当者同士が非常に仲良くしており、「どの研究者のどの研究課題がこれから伸びそうだから、ここまではうちがサポートするから、次はそっちでよろしくね」、というようなことを普通に話していたのが印象に残っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)