現在、国立大学では、大学教員の横並び意識からの脱却を目指して、業績を上げた研究者には多く、そうではない研究者にはそれなりの給与を支給し、また外部資金で人件費を賄うことで浮いた財源を若手研究者の給与に回すという、人事給与マネジメント改革が進められている。その基となるのが、「国立大学法人等人事給与マネジメント改革に関するガイドライン」である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)