ベンチャー優遇のチャンスを活かせるか

 政府は2017年12月8日の臨時閣議で、生産性革命、人づくり革命を車の両輪とする政策パッケージを決定した。2020年までの3年間を集中改革期間として位置付け、人材、設備への投資を促すことで、日本経済の生産性を飛躍的に押し上げていこうというものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)