寛和久満夫の深読み科学技術政策244回

港湾のデータを連携する基盤構築、他の業界にも応用できる可能性も

~港が電子化される日~
(2018.11.30 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 最近は荷物を航空便でやりとりすることも増えているが、物流量(重量ベース)でいうと日本の海外貿易の99%以上で港湾が利用されている。港湾は、港務局・港湾局あるいは地方自治体によって管理・運営されているが、港湾を利用する事業者は、船会社、荷主、海運貨物取扱業者・フォワーダー、ターミナルオペレーター、陸運業者などと多種多様だ。政府は、関係省庁と各事業者とが実質的な議論をする委員会を立ち上げ、2018年11月2日に初会合を行った。2020年までに港湾関連データ連携基盤を構築することを目指す。港湾が成功モデルの1つになれば、日本の他の業界でもデータ連携基盤の構築が加速する可能性がある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧