寛和久満夫の深読み科学技術政策第293回

生命科学データベースセンターを統合せよ

(2019.12.04 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 生命科学分野では、次世代DNAシーケンサーや質量分析装置などの機器から膨大なデータが日々生み出され、その増加率は「半導体の集積率は18カ月で2倍になる」というムーアの法則を上回っている。コンピュータの進化を超えてデータ量が増大しており、その膨大なデータを活用することで様々なビジネスが動き始めている。こうしたデータの基盤となるのが各種データベースだが、日本の運営体制は他国に比べて貧弱だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧