寛和久満夫の深読み科学技術政策(196回)

サンドボックスで新たなビジネスチャンス

(2017.11.21 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 実社会のあらゆる事業・情報が、データ化されネットワークを通じてやりとり可能になるモノのインターネット(IoT)、そうした集まった大量のデータを分析し、新たな価値を生み出すビッグデータ、機械が自ら学習し、人間を超える高度な判断を可能にする人工知能(AI)、多様で複雑な作業も自動化できるロボット。子供の頃に想像していた未来社会が現実のものとなってきている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧