「理研白眉制度」に見る異分野融合のメリット

 理研には「理研白眉制度」というものがある。2017年に創設したもので、並外れた能力を持つ世界トップレベルの若手研究者が独立して研究できる機会を設けるのが狙いだ。対象となる研究分野は自然科学全般、人文社会科学との境界領域となっており、思いも寄らない研究成果が期待されている。そこに2019年に採択された、創薬に役立つ研究チームのリーダー2人のキャリアがユニークだったので紹介したい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)