2020年に個人情報保護法が改正される。現段階で改正法案は示されていないが、政府の個人情報保護委員会がまとめた「中間整理」によれば、漏洩報告の義務化、罰則の強化などが検討されている。適切な法の運用についてルールを明確にしておかなければ、ゲノム医療の発展を妨げるのではないかと、懸念の声が上がっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)