全ゲノム解析データを生かすために個人情報への対応を急げ

 政府のゲノム医療協議会は、ゲノム医療を推進するためのゲノム・データ基盤の構築に向けて工程表を明らかにした。厚生労働省の「全ゲノム解析等実行計画」で得られた先行解析データやコントロール群のデータについて、新たな情報検索システム「CANNDs」を通じて来年度から制限付きで公開を開始する。また、解析のためのスパコン連携や強化などを進める。しかし個人情報保護法により今までの蓄積データが十分に生かせない懸念も残り、政策的な対応が必要となりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)