個人情報保護法が医学研究を阻害する

 改正個人情報保護法が2017年春にも施行される。これに伴って、医学研究における個人情報の取り扱いの方法などを規定した「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(厚生労働省・文部科学省制定)も改正されるが、ここで十分に規定していないのが民間病院における学術研究目的の個人情報の取り扱いである。医学研究は、大学や研究機関等だけでできるものではなく、民間病院の協力がなければ、その発展は阻害されてしまう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)