科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では2年に1度、Top1%論文(コアペーパー)の共引用関係から、ホットな研究領域を可視化するサイエンスマップを公表している。最新版のサイエンスマップ2016であれば、2011年から2016年に出版された論文を対象に、現在、世界でどのような分野が形成され、活発に研究活動が行われているのかを論文の分野やキーワードなどで可視化している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)