創薬にも量子技術が使えるようになった

 現在の創薬において、ITの活用は不可欠になっている。ウエットの実験が主体では、新薬の認可確率は2万5000分の1以下、研究開発期間は10年以上、開発費も1000億円以上と、時間もコストも膨大なものになっていた。そうした創薬プロセスにIT技術を活用することで、創薬ターゲットを効率的に同定できるため、時間を短縮し、費用を削減できると期待されているためだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)