ゲノム医療普及には保険適用と国家資格が必要

 自宅などに口中粘膜などの採取キットが送られてきて、試料を返送することで、個人のゲノム情報を解析し、特定の疾患へのリスクや太りやすさ・痩せやすさ・はげやすさ等の体質といった結果を送り返してくれる、いわゆる個人向け遺伝子診断サービスはすっかり一般的になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)