寛和久満夫の深読み科学技術政策(第142回)

量子計算が創薬を変える

(2016.11.01 00:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 先日、米Stanford大学の山本喜久教授、NTT物性科学基礎研究所、国立情報学研究所の研究チームが、量子ニューラルネットワークを実現したことをScience誌に発表した。構築したマシンで、2000ノードの最大カット問題という組み合わせ最適化問題を解くことに成功したという。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧